静岡市清水区で新築、リフォーム、増改築、二世帯住宅、耐震工事をお考えの方へ

床のフワフワ修理 床貼り工事

床のフワフワ修理 床貼り工事

築30年以上のお宅に多いのが
床がフワフワしてくる現象です。


台所とか、階段の下とか廊下など
毎日頻繁に使う箇所に多く見受けられます。


土台まで腐っているんじゃないか!?
と心配される方が多いですけど
ほとんどの場合はフローリングの経年劣化です。


無垢の床板はこういった事はないんですけど
当時のベニヤ製フローリングは
ボンドの性能が今程良くなくて
長い年月の間に剥離してしまい
強度が落ちてしまうのがその原因です。



例えば、浴室周りで年中水を使うような場所で
タイルとかに亀裂が入ったりして水が染み込んでいたりすると
土台が腐ったりしている事がありますけど、
大概は床板だけ貼り替えれば済みます。


床下の構造として、30cm間隔に
根太と呼ばれる下地が入っているのですが、
フワフワしている箇所と根太の所では
踏んだ感じが明らかに違いますので
お分かりになるんじゃないかと思います。


30年近く前の家では今のように
バリアフリーなどあまり考えられて作っていませんから
敷居などが床よりも高い事がほとんどです。


そこで、床をそのまま貼替えるのではなくて
フワフワした部分だけ切り取って
古い床の上から2重に新しい床板を貼る方法をとります。


その方が施工費も安くあがりますし、
結果、床自体も強くなるばかりか
敷居との段差も少なくなるのでお勧めです。



工事前1
↑工事前


工事後2
↑工事後



コメント


認証コード7537

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional